真夏のSounds good!

「あの時のことは、自分が死ぬ時、走馬灯のように出てくるんじゃないかと思います。前の年、目標に掲げながら獲れなかったので、どうしても欲しかった。次の年に敦子が卒業することがなんとなく分かっていたので、これが敦子との最後のレコ大だという思いもありました」と振り返る。

 「真夏のSounds good!」で2連覇を達成した12年は、前田からセンターを引き継いで重圧と闘った渡辺麻友(21)の労をねぎらった。

 「大賞を頂いた後、みんなで楽屋に戻って“麻友ちゃん、頑張ったね”と声を掛けました。あの時は“新しいAKB”のスタートを切るため、弾みをつけたいという思いがありました」と説明する。

 一昨年は「恋するフォーチュンクッキー」で3連覇を逃し、昨年は「ラブラドール・レトリバー」で返り咲きに失敗。今年は「僕たちは戦わない」で捲土(けんど)重来を期すが、候補には、2連覇を目指す三代目J Soul Brothersや、06年の受賞者の氷川きよし(38)ら実力者がずらりと並んでいる。交際クラブ

アレンジ

これはほぼ無意識で作った曲(笑)。アレンジのときはちょっと考えたけど、メロディが浮かんだ瞬間、「これは祭りだ!」ってなって、意味なんかどうでもいいと思って作ったんですよ。だから<一度きりの人生だ><お祭り春祭>って歌詞とか、文章的には全然説得力がないんだけど、“祭りだから、ま、しょうがないか”みたいな(笑)、そういう無責任で自由な感じが作っていてもすごく楽しかったです。高収入アルバイト

給水ポイント

給水ポイントでは紙コップに水が用意されていることが多い。初心者は取ることにもたつき、取ってもこぼしてしまうことがある。また、飲む時に間違えて鼻に入ってしまうことも。これではキチンと給水はできない。

「取る時は慎重に。取ったら上をつぶして、フタをするようにする」

紙コップの上半分をつぶすことで水がこぼれなくなる。飲む時は、そのつぶした端から口に注ぐ。これなら鼻にも入らない。何回かに分けて飲むことだってできる。

そうすると水は半分くらい余ることもある。余ったからといって捨ててはいけない。高橋さんは続ける。

「この水は飲むためだけではありません。捨てないでください。何をするかというと、(体に)痛いところがでてきたらかけてください。そこはヒートアップしていますから、少しでもアイシングをして冷やしてあげること」

「私は(水を)取ったら必ずまず足にかけます。足にかけた後に、今度は手にかけます。手も足と同じだけ動いているので疲労しています」

そして最後は首筋にかけるのがいいそうだ。 ガールズバー 日払い

さくらのとんねる

タレントの風見しんごが、著書「さくらのとんねる」の発売記念イベントを行った。同書は、長女・えみるさん(当時10)を交通事故で亡くした2007年から現在までの、家族の様子をつづった一冊。事故の翌年に男児を授かったが、死産だったことも明かしている。えみるさんが亡くなった後の2、3年は、「どうしても(長女の)姿を追い求めてしまっていた」と風見。男児を授かったことで「家族の背中を押してくれた。お腹の中から勇気をあたえてくれた」と前向きになったという。しかし、「次女は13歳だけど、怖くて一人で外に出せない。近所のコンビニにも一人で行かせたことがない」と、現在も心の傷が癒えていないことをうかがわせた。 ガールズバー 上野

原宿駅前パーティーズ

「原駅ステージA」と「ふわふわ」が、合同デビューシングル「Rockstar/フワフワSugar Love」の発売記念イベントを行った。芸能事務所ライジングプロダクションが設立した常設劇場「原宿駅前ステージ」で公演を続ける、4グループと研修生から成る「原宿駅前パーティーズ」のうちの2組。原駅ステージAはカワイイ&カッコいいパフォーマンスがウリの7人組ダンスボーカルグループで、18人組のふわふわはフリフリ衣装がキュートな正統派アイドルをテーマに掲げている。今後の目標について、原駅ステージAは「単独ライブを日本武道館でやりたい」と宣言。ふわふわは「私たちも! Aより先に武道館に立ちます」と宣戦布告し、場を盛り上げた。 ベンガル猫 ブリーダー